TOP
ファンド情報
コモディティ運用
会社案内
運用の特徴
リクルート情報
お問い合せ
ばんせい投信投資顧問株式会社
当ホームページは、当社のご案内、投資信託及び投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 なお、このホームページは当社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されたものですが、その正確性あるいは完全性あるいは完全性を表明するものでも将来の運用成果を保証するものでもありません。
「証券取引等監視委員会」
<情報受付窓口>
運用の特徴
運用哲学
弊社は、市場の非効率性を前提として、組織的なアクティブ運用により、中長期的に安定的な超過収益を確保するために、以下の各プロセスに注力します。

・ 調査・分析: 資産ごとの特性に応じた調査の実施による「α(付加価値)の発見」
・ ポートフォリオ構築: 効率的・効果的なポジション運営による「αの取込み」
・ トレーディング: 資産特性、市場状況等を勘案した最良執行の実践による「αの実現」

経営理念の「情熱と強い意志を持って、根気よく愚直に、建設的に戦略・戦術を積み重ねて」を実践し、αを積み上げていくことを目指します。

運用体制
運用方針・計画は、調査部・運用部・商品運用部による調査・分析を踏まえ、運用担当者が起案し、運用部門内の協議を経て、取締役会の監督の下、投資政策委員会において審議し決定します。投資政策委員会において決定された運用計画は、コンプライアンス委員会において法令、信託約款および社内規程等との適合性を確認したうえで承認され、運用の執行が行われます。運用の執行においては、法令、信託約款、社内規程等の遵守状況について、管理部、コンプライアンス・オフィサーがチェックを行います。 運用に関わるリスクおよび法令遵守の状況は、管理部が日々チェックし、コンプライアンス・オフィサーおよび運用担当者に報告します。また、運用実績のチェックは、投資政策委員会および運用評価会議において定期的に行います。

【イメージ図】 運用体制図
運用体制図
運用体制
弊社のリスク管理体制は、運用部・商品運用部による独自の運用リスク把握に加えて、独立した管理部が、運用リスク把握と、信託約款や運用ガイドライン等による投資制限遵守状況のチェックを行う体制を採っています。 さらに、法令等の遵守状況に関しては、コンプライアンス部門が検証を行っています。 これらのモニタリングの内容については、担当役員に日々報告を行い、必要に応じて、運用担当役員がポートフォリオの調整の検討や実施の指示を行うことにより、実効性の高いリスク管理を実践しています。